女流陶芸展 vol.1 ~華音~ (kanon)  ぬくもりのある、ゆっくりとした時間を

女流陶芸家の県内作家と県外作家の作品が出会う刺激的、意欲的な陶芸展です。

音楽用語カノンから華音という当て字のネーミングにしました。少しずつ違っていても和音が美しく計算されていて人の心に届く音楽。といった意味も込めました。愛される展覧会になり、今後も続けられるようになれば・・・とvol.1とつけ加えました。

日々の暮らしの中で少し華やぎのお気に入りの食器や花器を見つけてください。

v

森脇史子 日本画展 はじめまして

森脇史子さんが初個展!と聞くと驚かれる人も多いのかもしれません。県展や市展の常連さんですし、様々な公募展等に意欲的に出品されているので私自身、意外な気がしました。度々絵に登場している愛娘のHちゃんも現在5歳になりました。

初個展ということで今までの作品も一堂に展示します。そして新たに取り組んでいる抽象作品を発表することが森脇さんのやりたかった展覧会なのです。意欲的に取り組む若き日本画家、森脇史子さんを応援いただきたくご案内申し上げます。

 

 

 

日々の泡  oco exhibition 2018

ocoさんは突然ギャラリーにやってきて、「こんな絵を描いています。今年、東京で個展をしたばかりです。鳥取でもやってみようかな・・・と思っています。」来年あたりかな?と思っていたら、今年中だと言われて・・・探してみたらこの期間中なら一番上の会場が空いているということで急遽、決定となった次第です。東京の美大を中退し、何モノにも囚われず描きたいものをocoさん流儀で描いているというカッコ良さを感じた訳です。。なので正直まだocoさんのことはよくわからない、謎の女性なのです。タイトルはocoさんが大好きな小説 B・ヴィアンの著作からだそうです。
鳥取では初個展となります。
尾古久美  (倉吉在住)