Tsukushi Okubo 大久保つくし exhibition

昨年、2018年の第10回 公募展「交差展」にてギャラリーそら賞を受賞された大久保つくしさんとミシマサオリさん。勢いのある両名がそれぞれの表現で面白い展覧会を観せてくれるものと期待しています。11月9日には合同で交流パーティーを開きますのでお気軽にどなたでも参加していただけます。奇しくも同学年で子育て中!バイタリティー溢れるママさん作家たちです。
by galleryそら 代表 Yasui Toshie

大久保つくし〈tsukushi Okubo〉

美術家。1980年大阪生まれ。

2002年 成安造形大学造形美術科洋画クラス 卒業

2017年「美術・図画工作が好きな大人や子供が楽しく交流できる場所があればいいな」そんな思いでツクリエを始めました。

個展
2002 slow green
(ギャラリーツインスペース・大阪)
2003 slow green
(ギャラリーツインスペース・大阪)
2004 Oギャラリーeyes(大阪)
2006 Oギャラリーeyes(大阪)
2007 Oギャラリーeyes(大阪)
2007 OギャラリーUP・S(東京)
2008 Oギャラリーeyes(大阪)

グループ展
2003 Come on My apartment!!
(ギャラリーツインスペース・大阪)
2018 交差展(ギャラリーそら・鳥取)
企画展
2005 Somewhere in this world
この世のどこかで
(Oギャラリーeyes・大阪)
2006 トゥールビヨン4
(Oギャラリーeyes・大阪)

ミシマサオリ銅版画展 

昨年、2018年の第10回 公募展「交差展」にてギャラリーそら賞を受賞された大久保つくしさんとミシマサオリさん。勢いのある両名がそれぞれの表現で面白い展覧会を観せてくれるものと期待しています。11月9日には合同で交流パーティーを開きますのでお気軽にどなたでも参加していただけます。奇しくも同学年で子育て中!バイタリティー溢れるママさん作家たちです。
by galleryそら 代表 Yasui Toshie

ミシマサオリ  プロフィール

2004年 多摩美術大学絵画学科版画専攻卒業

2007年 小野画廊で個展(銀座)
美浜美術展入選(福井)

2008年 ヨセフ・イーザー国際現代版画ビエンナーレ入選(ルーマニア)
全国和紙展入選(岐阜)
Oギャラリーで個展(銀座)

2009年 ブルガリア国際蔵書票展入選

2010年 「皮膚運動学」装丁

2012年 鳥取県立博物館内カフェでワークショップと展示(鳥取)

2013年 レセッドラ国際版画展入選(ブルガリア)
東秩父版画フォーラム奨励賞(埼玉)
鳥取県展奨励賞(鳥取)

2014年 「あいと 時々 散歩」装丁
高瀬川・四季AIRで個展(京都)
アートミュージアム無心で展示(倉吉)
カダケス国際版画展入賞(スペイン)

2015年 小説「アウトサイダー」装丁

2016年 アートミュージアム無心で展示(倉吉)
民芸TAKAKIで個展(倉吉)

2018年 第86回日本版画協会で入選(上野)

2019年 鳥取県展奨励賞(鳥取)

鳥取JAZZ vol.9 ART部門 展覧会 

「ジャズ」を題材としたアートの展示。

「鳥取JAZZアート公募展」も開催します!
「ジャズ」(広く音楽や音楽的要素を含むものでもOK)をテーマに全国から一般公募し、審査を通過した入選作品を展示いたします。

【展覧会】 いずれも入場無料
◆徳持耕一郎 作品展
◆Clara 展
◆鳥取JAZZ「アート公募展」 ※11/2(土)のオープニングレセプションにて表彰式を行います

【イベント、ワークショップ】
◆オープニングレセプション
本年の鳥取JAZZのオープニングを飾るパーティーです。
「ジャズ×アート展」を監修する徳持耕一郎さんによるミニレクチャーを行います。
また、「デトロイト・ジャズフェスティバル・オールスターズ」も参加予定です!
・開催日:11/2(土)18:00~
・参加費:500円(ドリンク、軽食付)

Satoshi OTA Exhibition Different name for the same flower

大田智史さんは初個展を 2006 年に gallery そらにて開催。以来何度か個展を開催した後に東京へ 移住。コツコツと作家活動をし続けています。今年は台湾での個展も実現させました。 大田智史さんの水彩画は音楽や詩が聴こえてくるような美しい世界があります。

 

「say time」 アクセサリー日本初登場!gallery shop 9

9月のgallery shop SORAではドイツ ハーナウ市から 小さな工房「Say Time watch」から手作りアクセサリーや時計などがショップに並びます。

その工房の作り出す人道的で環境に配慮した手作りアクセサリーを造る「say time watch」というブランドを紹介した安藤悠さんのブログがあります。
https://www.thxpalm.com/2019/02/say-time-watch.html

同社のブレスレットのレビューも書いておられます。
https://www.thxpalm.com/2019/02/say-time-watchbracelet.html

なんとこのブランド創設者2名の内、金細工職人のセリーナ(Selina Yanik)さんは鳥取・ハーナウ関連事業で鳥取に来られたことがあり、ギャラリーそらのギャラリーショップも訪れたことがあるそうです。鳥取では鳥大の教授がいろいろ案内してくれ、漆塗りも学んだとのことでした。奇遇にもギャラリーそらでもお世話になっている木地師の藤本かおりさんのお宅に漆を習いに10日間くらい指導を受けられたそうです。

人道的で環境にも優しいフェアトレードされた素材を元に、ひとつひとつ手作りで造られる同社のコンセプトは現代の多忙な世界と自然の穏やかな美しさの橋渡しをするような詩的とも言える製品を生み出すことです。その姿勢と高い品質生、デザインは国内外で高く評価されています。

▲セリーナは鳥取の美しさを忘れることができないと言います。ブレスレットは砂丘の風紋をオマージュしたようなデザインです。もちろんそのことも大きく影響しているとお聞きしました。

この度、galleryshopSORAにて日本初の展示販売となります。
是非、手にとってご覧ください。
「Say Time 」は2人の職人、セリーナ・ヤニックとビクター・ゴリリックで構成されています。彼らは金細工師と製品デザイナーです。