「say time」 アクセサリー日本初登場!gallery shop 9

9月のgallery shop SORAではドイツ ハーナウ市から 小さな工房「Say Time watch」から手作りアクセサリーや時計などがショップに並びます。

その工房の作り出す人道的で環境に配慮した手作りアクセサリーを造る「say time watch」というブランドを紹介した安藤悠さんのブログがあります。
https://www.thxpalm.com/2019/02/say-time-watch.html

同社のブレスレットのレビューも書いておられます。
https://www.thxpalm.com/2019/02/say-time-watchbracelet.html

なんとこのブランド創設者2名の内、金細工職人のセリーナ(Selina Yanik)さんは鳥取・ハーナウ関連事業で鳥取に来られたことがあり、ギャラリーそらのギャラリーショップも訪れたことがあるそうです。鳥取では鳥大の教授がいろいろ案内してくれ、漆塗りも学んだとのことでした。奇遇にもギャラリーそらでもお世話になっている木地師の藤本かおりさんのお宅に漆を習いに10日間くらい指導を受けられたそうです。

人道的で環境にも優しいフェアトレードされた素材を元に、ひとつひとつ手作りで造られる同社のコンセプトは現代の多忙な世界と自然の穏やかな美しさの橋渡しをするような詩的とも言える製品を生み出すことです。その姿勢と高い品質生、デザインは国内外で高く評価されています。

▲セリーナは鳥取の美しさを忘れることができないと言います。ブレスレットは砂丘の風紋をオマージュしたようなデザインです。もちろんそのことも大きく影響しているとお聞きしました。

この度、galleryshopSORAにて日本初の展示販売となります。
是非、手にとってご覧ください。
「Say Time 」は2人の職人、セリーナ・ヤニックとビクター・ゴリリックで構成されています。彼らは金細工師と製品デザイナーです。

モリタソウイチロウ PHOTO EXHIBITION

被写体と撮影者の僕との間には何かの痕跡が残っているー

9月26日(木)〜30日(月)5日間

自ら現像するこだわりの写真は優しい視点がにじみ出ています。
意外にも初個展だそうです!
鳥取では珍しい、カラーネガフィルムの自家現像とカラーアナログプリント。

楽園の番人 西尾 正道 sibori展 

佐治に工房がある絞り染め作家の西尾正道さん。昨年、川上賞を受賞されました。今年は原点を見直し今後の自分の生き方を含めて皆さんに見ていただきたいとのことです。染め布の照明ランプなどを配置し、楽しめる空間にと意気込んでおられます。楽園の番人とは・・・直接ご本人にお聞きくださいね。

出張カフェ、「ひとやすみ」野々上さんのお久しぶりな緩やかカフェ・・・楽しみです♪どうぞみなさま遊びにいらしてください。