ギャラリーにある什器類

ギャラリーそらにある、使用可能な什器類です。テーブル、棚、陳列台、椅子…。
さまざまな組み合わせで、いろんな展示方法を楽しんで頂けます。

ハッキィー&ムスタファ 

株)アララット・インターナショナルのお二人
左からハッキィー と ムスタファ 

とても日本語トークが上手くて商売上手。
私の息子と同じくらいの年齢です。
「キリムは大変良いものなので売るのが楽しい」と
かなりハッピーでポジティブなお二人。
一緒に色々な話を聞いているとトルコに行ってみたくなりました(笑)客様の中にもお二人と仲良くなりトルコに行く約束を
していた人もいました。
「トルコ美術の世界」は後、2日間でまだの方は是非
ご来場くださいませ。

トルコ美術の世界をどうぞ~


青山キリムハウスの品揃えは素晴らしいです。
鳥取では珍しい機会ですので是非ご覧ください。


アンティーク・オールドはもちろんですが
リーズナブルなニューキリムまで展示しています。
トルコ石を使ったアクセサリーなどはお求めやすい価格で
お勧めです。

麦や鳥の絵柄の意味は

110224_182529.jpg
キリムの図案には自然界の様々なものからとっています。
鳥は幸せを呼ぶという意味がありますし、麦は広がり・・・つまり子孫繁栄みたいな意味かな?縁には魔除けの意味をもつ図柄・・・日本で言えば家内安全みたいな願いを込めて何カ月も、何年もかかって織り上げていくわけですね。
トルコの女性はお嫁に行く時には必ずキリムを持たせてもらっていたようです。現在は?と聞くと「う~~ん」と首をかしげていたので一般的ではなくなっているのかな(笑)

トルコ時間なの~?!


今日11時から始まる「トルコ美術の世界」
9時に搬入展示の予定が11時ちょっと前に到着
これが噂のトルコ時間なのかしら(笑)
まだ展示もできてませんが取材に熱く語っている
ハッキ―さん(ハーカンさんかと思っていたら今回鳥取に来られたのは弟のハッキ―さんでした)。キリムはもちろんですがトルコの技術を駆使したアクセサリーからクッション等の小物まで幅広く展示されるようです。。トルコの文化をこの際少し勉強してみましょうか♪

twitterしています

ギャラリーそらの写真教室のことや明後日からの「トルコ美術の世界」などお得な情報をお知らせしたり、気になるアート関係の情報などreツイ-トしたり、プライベートなことなどつぶやいています。よかったらフォローしてくださいね。

http://twitter.com/#!/gallery_sora_ku
明後日から始まる「トルコ美術の世界」では先着20名様にトルコ産ダマスクローズ使用の
ローズウォーターをプレゼントするそうです!!ギャラリーではこういったプレゼントは初めてかもしれない・・・嬉しいですね。

トリノス

トットリプロダクツ協議会 トリノプロ による
カタログ「トリノス」ができました。
ヒョウデザインの白岡さんが持ってきてくださいました。
昨年の暮れに当ギャラリーで撮影をしたトリノプロによるカタログです。
「ブナ」材使用のカジュアルモダンなトットリ発のライフスタイルを
提案しています。興味のある方はトリノプロH.Pへ・・・♪
110211_122913.jpg

2011年 春の展覧会スケジュール


ギャラリーそらは今年の秋で8周年を迎えます。
よく諦めずにやってきたなぁと自分を少し褒めてやりたいところですが
まだまだ自分が想うところのギャラリーではないので、みなさまに助けられながら一つずつ階段を登っていくよう日々努力する所存です今年もどうぞよろしくお願いします。

2月の催しもの
◎2月11日~13日 株)NAKAISHU 主催
◎2月23日~3月2日 東京「青山キリム・ハウス 」 主催
3月の催しもの
3月6日 ギャラリーそらの写真教室 講師:てらがきりょうこ 
3月10日~13日 アトリエモモコ主催 パチワーク・キルト展
3月18日・19日 全国アートNPOフォーラムin 鳥取
          トットリデハッタリ
3月20日~24日 ハバロフスク在住の写真家による
          写真展
3月24日 ギャラリーそらの写真教室 講師:てらがきりょうこ
3月25日~29日 インテリアウエスト 主催
4月2日・3日 ぶどうや展示会