鳥取大学美術部 がっ展 2021 テーマ 〜ファンタジー〜

毎年、鳥取大学の美術部のみなさんが継続して展示している「がっ展」
勢いのあるネーミングの「がっ展」です。現代の大学生たちはほとんどの作品がデジタルアートです。その中で自分の個性をいかに出すかが大切なポインですね。今日のギャラリー在廊当番さん 5人に突撃取材しました。厚かましいownerのインタビューに答えてくれてありがとうございました。

Mon bijou 國定 真帆
ビジューはフランス語で宝石のこと。愛しの宝石・・・って意味合いのタイトルです。
男性の涙の宝石は女性のことが好きだけれど愛情表現が苦手。本当は愛してる・・・不安にさせたとしたら自分のせい・・・幸せになってほしい・・・後悔・・・相手のことを想う・・・最後はさようなら・・・という意味を持つ宝石を描いています。國定さんはメンバーの中では珍しい手描きの作品です。今回、石の持っているメッセージをたくさん研究したようです。

▼blue 野村 有希     

ファンタジーというタイトルが難しかった・・・と野村さん。透明水彩で描いた後に画像にしてデジタル処理をするそうです。十分ファンタジーなんですけど😅もっと大きなサイズで見てみたい作品でした。

制帽 山本 雄大

鳥取大学美術部の伝統にもなっている針金細工。現在、鉄筋彫刻で有名な徳持耕一郎氏が始めた針金細工は今も脈々と続いています。

s

 

▼再開 丸山 京祐

ドラマチックな再開をファンジックに描いた丸山さん。年間に80作品くらい描くそうで、仲間からこの1年での上達は目を見張るものがあるとお聞きしました。制作期間はいっぱい・・・と書いてありました。

▼   magic      大西 優希
大西さんは今回のがっ展の看板の下絵を描いた方’で、1回生です。
今後が楽しみですね。色塗りを頑張ってみましたとコメントがありました。
初々しい方でした。惜しむらくは顔がステレオタイプで、(ありがちな顔)オリジナル性があったらもっとすばらしいのに・・・と思ったのでそのことを伝えたら’、難しい’けど頑張ってみますと言うことでした。来年が楽しみです。

挑戦を待っています!!!

タイトルが誤解を招きそう😅「かかってこいや!!」のお話ではないのです。


実は個展について、もっと気軽に挑戦してほしいなぁというお話です。
どんなに高明な作家であろうと初個展は1度経験しなければならないものです。  次が始まらないですから・・・
当ギャラリーで初個展をどのくらいサポートしてきただろう??と思い出してみるのですが初個展を開催して現在も作家活動を続けている人は両手で数えれる程度です。アートで生きていくって至難の業です。
個展は自分自身を偽れないし逃げ場もないのです。もしかしたらお客様から罵倒されることだってあるかもしれない(鑑賞者のみなさんは優しいのでそんなことはほぼないです)心細いし来場者との会話にドキドキしたりと様々な気苦労があると想像できます。
しかしowner 安井は見てきました!個展初日と最終日では作家さんの顔つきが違っている・・・輝いている、自信に満ちている、覚悟がでてくる。。
それこそ初個展の醍醐味です。
鑑賞者からエネルギーをもらえ、自分の作品を客観的に見れるせいか今後の課題が見えてくるし、進む目標もできてくる・・・グループ展では味わえない自分が主役の個展だからなのです。
そして若い方にはリーズナブル価格ギャラリーそらのメイン会場の上、2Fをおススメします。メイン会場の半額程度でレンタルできます。1Fの展覧会内容とのマッチングが’必要になってきますが相乗効果もあるのでオススメできます。いつでもご相談ください。あなたの挑戦、待っています💖安心くださいサポートします💪

ギャラリーそらのコラボ企画商品が生まれました❣️

 日本人なら誰でもお正月は神聖な気持ちを抱くのではないかと思います。

お正月に神様を迎える行事の一つで鏡餅を飾る風習は現代の若い家族にとって実行すること自体が難しくなっているのではないかと推察できます。

その年の幸福をたくさん授けてもらえるよう、是非鏡餅を飾って欲しいと願い  「made in Tottori かがみもち飾り」プロジェクトを立ち上げました。

古来から形を変えながら伝承されてきた「かがみもち飾り」を毎年気軽に出して飾れて簡単に仕舞える(三方は蓋付の箱になるので全てその中に収納できる)。そしてインテリアとしても運気をアップするような元気が出るイメージのものを・・・と3人の作家さんたちに協力をお願いしました。

何度か会議を開いた末、ついに完成しました。
3人の作品をセットしてみたところ、ギャラリーそらが思っていた以上の素敵な仕上がりに!  思わず歓声が沸きました。今季限りではなく、何年も続く鳥取のかがみもち飾りセットとして愛される商品になればと願っています。
年内は5セット限りですが、2022年のお正月までには受注生産にしていきますのでよrとしくお願いします。

尚、作家さんへインタビューをしていますのでYouTube動画、ギャラそらchannelでも配信予定です。

 

県外からギャラリーそらで展示してくださる愛しの作家さん達へ愛を込めて

ギャラリーそらで展示される方々は鳥取県内の作家さんが断然多いのですがその中でも県外や国外から展示を開催してくださる貴重な作家さん達。とても刺激的な展覧会ばかりです。わざわざ人口の一番少ない鳥取に来てくださって展覧会を開催してくださるなんて(経費が相当かかると思います)ありがたい限りです。
毎年続けて来鳥される画家さんもいらっしゃいます。
しかし、今春から新型コロナ感染症の対応として多くの展覧会を延期とさせていただいています。まずは 今回で8回目となる予定だった神戸在住の池内孝さんの油彩展、▼昨年度のDMです 街にはピタリと人が消えた頃に開催予定でした。

徳島県からはウロ四宮さん パトラムーンシリーズ。男性ファンが多く中でも絵描きさんたちから人気があります。故ニシオトミジ(現代美術家)さんがコラボ作品を許した作家でもあります。ウロさんも延期となりました。大きなアート展で賞を取られたので観てみたかった。。

いつも8月にご高齢のお母様と一緒に鳥取で油彩展を開催してくださる東京在住の宮塚晴美さん。独特の間と余白が日本人のアイデンティティーを刺激してくれる絵を描かれる作家さんです。海外でのアーティストレジデンスや美術に関して子どもたちを指導してこられた経験豊かな宮塚さんのお話も貴重です。
鳥取出身の宮塚さんのお母様もいつもご一緒に鳥取に帰ってこれるのを楽しみにしていらっしゃるのですが何分ご高齢でいらっしゃるので延期とさせていただきました。
▼昨年のDM

=====================================
そして8月に横浜からの写真家(いわゆる戦場カメラマンと呼ばれている)青木弘さん(鳥取市出身)の写真展開催予定でしたが延期となりました。写真集を出版され、そのお披露目もあったので本当に残念です。


青木さんの写真展はDMもできていたので・・・申し訳なくて😭
青木さんの写真展についてはこの判断が過剰判断かもしれない。感染予防対策をやれるだけやって、with コロナなのだから開催するべきなのか・・・この2つの間で相当揺れてしまいました。鳥取では感染したら洗いざらい行動を暴かれるし(感染者数が少ないので余計に厳しい)いわゆるコロナ警察の目が厳しい気がしています。
しかし、昨今の関東の感染者の増加を考え、ギャラリーに訪れる人の人数など考えると開催しても客足が元には戻っていないので県外からこられる作家さんには厳しい結果になるかもしれない・・・とまあ私の頭はグチャグチャになりストレス満杯になってしまいました。
ある意味、コロナ収束後はたくさんの作家さんたちの想いがアートに反映して大きなエネルギーとなり変化のある展覧会が見れるのでは・・・?楽しみになってきてはいるのですが、それまでギャラリー運営持つのだろうかと不安も感じつつ前をむいて進もうと思っています。

延期していただいた以上の皆様にはコロナが落ち着いたら必ず展覧会を開催していただけるようバックアップしますからね〜〜〜💪

友好の首飾り💕

昨年の夏、ドイツのハーナウ市から関税を納め、鳥取市のギャラリーそらへ作品を納品に来られたビクトルとセリーナ。日本で販売しているのはギャラリーそらのショップだけです。彼らは鳥取市在住の木地師、藤本かおりさんとのコラボを構想してから
ついに1年後の今、完成しました。

人道的で環境にも優しいフェアトレードされた素材を元に、ひとつひとつ手作りで造られる同社(say time)のコンセプトは現代の多忙な世界と自然の穏やかな美しさの橋渡しをするような詩的とも言える製品を生み出すことです。その姿勢と高い品質生、デザインは国内外で高く評価されています。
今回の新商品は鳥取市とハーナウ市への友好が結実して生まれたペンダントトップです(チェーンは別売り)

▼(左)エンジュ+シルバー (中)ナラ+シルバー (右)サザンカ+シルバーハーナウ市の木・・楢(ナラ) 鳥取市の木・・・サザンカ           友好の記念樹(植樹)・・槐(エンジュ)

 左から ビクトル / セリーナ / 藤本かおり  gallery shop SORAにて2019年9月

まさかのYouTube作戦・・・

こんにちは ギャラリーそら owner 安井です。
後2〜3年ほどしたらギャラリーのお仕事を徐々にフェードアウトしようと思っていました。もちろんギャラリーは私がいなくても出来る限り続けて運営できるようにしていくつもりです。
それが新型コロナクライシスが素敵な引退計画を打ち壊してくれました。     これからどうギャラリーを運営したらいいのかを真剣に考えなければいけない事態になってきました。
3月ごろは「鳥取は人口少なくて密集ってことはないよね・・・」なんてまだ対岸の火事みたいに呑気なことを言ってましたが、鳥取でも感染者が出た途端、一気に街から人がいなくなってしまいました。

先が見えない今、当然アーティストさんたちはキャンセルや延期にせざるを得ないのです。来場者はもちろんのこと、スタッフと私(高齢者というリスク)の命を守りつつ極力感染を予防しながらの働き方を推進していくことが急務です。
そしてナント !!!YouTube 動画配信にチャレンジすることになりました。

以前からWEBストアを作ったら?とお客様からも声が上がっていました。     3フロアを管理・運営する労力と時間がwebにまで気が回らないというのが本音でした。それが・・・コロナのせいでお仕事が激減したこともありますがついにwebで発信してみようとなったわけです。ショップで取り扱っている作家さんたちの作品は全てストーリーがあります。そしてたくさんお伝えしたいことがある!もちろんギャラリーとして絵画や写真なども発信していけたらと思っています。

ギャラリーそらですから癒し系、共感系?でしょうか・・・スタッフも動画作成に賛同してくれてますので心強いです。ただ、あとは私の編集の腕次第(*≧∀≦*)それが’1番の不安。

今、撮った動画をチェックしてますがもう一度取り直しになるのかも・・・やってみて’分かることがたくさんありますね。

67年生きてきて、まさかのYouTube動画配信(WEBストアも同時に開設予定)
チャレンジする機会ができたから楽しみながらドキドキして・・はじめはつたない動画かもしれませんが成長していきますので応援してくださいね。
有言実行です❤️

 

イイ話・・でもしようかな(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎


昨年の末に藤田美希子さんの2回目となる絵画展を開催しました。第1回目2018年12月の開催は人が夜の森へ迷い込むように、本来の姿を見つめる姿を描いた「夜の森へつれていって」というものでした。
2回目となる2019年12月は「Forest」前回より幾分明るくなった森に人や動物や雨や雪の音が聴こえてくるような作品群でした。
当ギャラリーは絵を売るということを随分と恐れていた時期もありました。
絵を売る専門の画廊に任せておけば良いと・・・売ることを考えるのは気が重く責任もあるし・・ということもありました。
しかし、7年前からギャラリー併設のgallery shop SORAを開設したことでクラフト作家さんを応援するということは売って代価を支払うことだと実感し、アートに携わっている作家さんを応援することも同じではないかと考えが変わってきたのかも知れません。
「日々の暮らしにアートを」と偉そうにスローガンに掲げておきながら実際には絵を買って飾るという行為を勧めてこなかったわけです。しかし、何年か前から企画展をしながら積極的ではありませんが(笑)作品に惹きつけられた様子のお客様にそれとなく、さりげなく話をしたりしてきました。作家さんが現場にいたら売れていたかも知れない・・・という状況は実際の話、多くありました。
人口の少ない鳥取県で絵を売ることの難しさは当然ありますが、ここ何年か30代40代の比較的若い方が絵を買ってくださることがあり、鳥取も捨てたもんじゃないなと嬉しく、希望を持っている私です。初めて絵を買いました!という方もいて、ご自宅の壁の様子や金具など、説明したりできるだけ親切丁寧に対応させていただいてます。
そんな中、藤田美希子さんの絵を購入してくださった女性が自宅に展示できましたという画像を送ってきてくださいました。もちろん、私が送ってくださったら嬉しいとお願いしていたのです。絵があるのとないのでは大違いですね!!一枚の絵を飾るだけでこんなにも空間が生きてくることがわかります。この空間に藤田さんの絵を飾りたいと決めたお客様はきっと満足されたに違いないと思います。
ギャラリーも作家さんも買われた方もhappy❣️これからもギャラリーとしての役目をしっかり自覚して、こういう良い話がいっぱい起こるよう努力していきたいです。

ギャラリーイベントのお知らせ 発送します❣️

イベント告知にはいつも頭を悩ませます。SNSではもちろんですがハガキや封書での発送も時と場合で分けています。最近はDMも受け取りたくないという人も多いので「今後、受け取りたくない人は電話かメールでお知らせください」と明記するようにしています。ギャラリーは鳥取駅前のサンロード商店街の北口近くにあるのですが、その北口には郵便ポストが設置してあり、大変便利で助かっています。
先日、鳥取に毎年帰っているのですが何年もギャラリーの存在を知らなかった・・・
鳥取の文化芸術を発信していらっしゃるのだから近隣のホテルにお知らせのDMなど置いたらどうか?という熱いエールを送ってくださった方がいらっしゃいました。鳥取の文化芸術を発信している!というありがたいお言葉。しっかり自覚して広報に努めたいと思います。今日は10月のギャラリーイベント6つのお知らせを発送しました!

トークセッション 〜日本とフィンランドの文化・アートについてのお話〜

フィンランド・日本 外交関係樹立100周年 記念展 
Yu ANDOH & Emiria TANNER  PAPER WEIGHT 紙の重さ
8月26日(月)16時30分〜18時30分
〜日本とフィンランドの文化・アートについてのお話〜
フィンランドセンターからパシ・ヤルヴィネン氏を迎えて

 

フィンランドセンターからお越しいただいたパシ・ヤルヴィネン氏はフィンランドの国立美術館アテネウム友好協会のエグゼクティブディレクターとして国際機関や擁護活動の経験がある方です。今年、日本との国交100周年、来年のオリンピックと続き様々な学術・文化プロジェクトが企画されています。

そのプロジェクトの一環として若手の芸術家の支援をしていただいた今回の
Yu ANDOH & Emiria TANNER  PAPER WEIGHT 紙の重さだったのです。

3人によるお話会は以下のPDFをクリックしていただくと読むことができます。
鳥取の、人口が一番少なく、アートもそれなりに・・・とついつい卑下してしまいがちな私たちに意外な発言をいただいたり、発見したり、とても有意義なお話が続きました。ぜひご拝読くださいませ。

⬇️

#japanfineland100 ギャラリートーク tottori gallery そら

パシ・ヤルヴィネン     Emilia Tanner                              Yu ANDOH

裏話+++++++
Yu ANDOH の奥様 ペトラさんがフィンランドからパソコンを使って通訳をしてくださいました。 そしてその会話を筆記ならぬパソコンで打っていただいたのはYu ANDOH の妹さん!安藤恵さんでした。ブラインドタッチってこういうことを言うんだ・・・!とびっくりしたのは私だけではないと思います。彼女は変わった仕事の時給を紹介するテレビ番組で「高速タイピングのお仕事」として紹介されたこともあるそうですよ。

実はトークセッションが始まる5分前、あれ?クーラーが効いてない???暑いな💦と感じ、空調のスイッチを調べに行ったら、ナント!シャットダウンしていて焦りました。。みなさん団扇をパタパタされているし・・・どーする!?私。。。
た、たみちゃん!!スタッフたみちゃんは米子高専電気科卒⭐️早速たみちゃんに復旧を試んでもらいましたがジリジリと時間が進むばかり。。。私が駆けつけた時、たみちゃんは「復旧の手順はあっているんですけど・・・このフックが上がらないんです。。」そこで私がたみちゃんの言う通り再度やってみたら💥💥出来た〜〜〜
復旧できました!ギリギリ間に合ったようです。力の問題??(笑)
もし、冷房が効かなかったらと思うと冷や汗ものでした。

今回、質問もとても面白かったのです。特にフィンランドの私設ギャラリーの実情や日本のギャラリーや展示できるギャラリー以外の場所について様々なお話が出ました。色彩についてもフィンランドと日本の共通点があることや美術を志す人の違いなど、興味深い話がたくさん出ました。

「鳥取の町に来られていいことでも悪いことでも、何かざわついたことはありますか。」と言う質問に対して

エミリア > これはすでに鳥取に来る前に聞いたのですが、鳥取は日本のフィンランドという言い方をしていて、人が少なくて落ち着いていて、東京と比べてこっちにいるほうが幸せに感じます。リラックスできる雰囲気です。

パシ > まだそんな長くはいないのですが、ここに着いたときには町の真ん中に田んぼがあることに驚きました。

との返事でしたがパシさんにそれってどのあたり?とツッコミたかったです。(笑)
多分、JRで来られたので鳥取の街に近づくあたりまで周りは田んぼだからでしょうね・・・真ん中ではないけど。。

追記;交流会では美味しい手作りのクッキーを作ってきてくださった
井手口多恵子さんに感謝します❤️

written by owner YasuiToshie